LINE TEL

【手首の痛み再発?!多くの方が施術法を間違う理由】 | 西京区、洛西地区で実績のある整骨院なら洛西中央整骨院

Blog記事一覧 > 未分類 > 【手首の痛み再発?!多くの方が施術法を間違う理由】

【手首の痛み再発?!多くの方が施術法を間違う理由】

2022.09.01 | Category: 未分類

皆さんこんにちは!洛西中央整骨院です!

まだまだ暑いですが、最近は涼しい時間帯も少しでてきて体の筋肉や関節も温度変化の影響を受けやすい時期になってきました。

 

特に関節は、冷えに弱く肩、肘、手首、膝、足首などの不調を訴えて来院される方が増えてきました。

その中で手首の痛みで来院された方の例を紹介していきます。

 

 

 

 

 

======================================

整形外科ではシップとサポーターのみの指導……

======================================

30代 女性 右手首の痛みを訴え来院されました。

右手首を反らす動作や小指側に少しでも手首を曲げると言う動作で右手首の外側に痛みが強くでてくるという状態でした。

来院時には手首の動きを制限するサポーターを着用しておられました。整形でシップとサポーターをするように言われそのまま過ごしていてもなかなか改善しなかった為、来院されました。

手首の状態確認として左右で比べた時に、手首の腫れは目立たないものの、熱感は右手首の外側に確認できました。

お話をさせてもらっていると、お仕事はデスクワークでパソコンをよく使っていて、右手はマウス操作が多く、休日はバスケットボールをされるので パスやドリブル、シュートなど色々な場面で手首はよく動かされる環境にいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

=================================

強く提唱!「手首改善の方程式」とは

=================================

手首に関係する筋肉の状態を確認させてもらうと、見事に手首を通過する筋肉の柔軟性が少なく手首を動かした時に必要以上に手首に負担がかかる状態になられていました。また、手首の外側には熱感があり炎症が起きていたので手首の外側(痛みの出ている所)と 手首を通過する筋肉(痛みの原因となる所)の両方を施術させてもらいました。

炎症がおきていて熱感があるので手首をグリグリ動かして 施術はしません。

まず 当院では手首を通過する筋肉が着いている肘から手首までの筋肉をトリガーポイント治療という根本的な痛みの原因となる所に指を使ってアプローチをする施術を行っています。

肘から手までの範囲だけでも 10個以上の筋肉が着いており 腕をひねる筋肉や手首を曲げる筋肉、反対に手首を反らす筋肉等 それぞれの筋肉に動かす担当があり、どの筋肉がその人の トリガーポイント(痛みの原因)になっているのかを把握し施術していきます。

(手にはたくさんの筋肉が存在します)

 

 

 

 

=========================================

10年後の身体は、今、どのように処置しているかで変わる

=========================================

実際この女性の患者さんは腕をひねる筋肉と手首や指を曲げる筋肉が過度に緊張(柔軟性が無くなっている状態)されていてスムーズにその動きができず、無理やり動かす為に手首に不可がかかって今回のように手首に炎症が起き痛みが出てきておられました。

このように痛みが出ている所と 痛みの原因となる所が異なる際、痛みの出ているところだけを施術でみていても その時は良くなるが  同じ動作が繰り返し行われると 同じ所に痛みが出てくる例が多いので痛みの原因をしっかりと見極め施術を行うことで 痛みの出にくい状態へと改善しやすいです。

このことから 負担となる筋肉に対して指でアプローチをし筋肉の緊張を 緩めていくと、ひねる動作や手首を曲げる動作での痛みは軽減し 動きやすくなったと変化を感じてもらえました。ただ、右手首の外側は炎症が起きているので、施術を行って直ぐによくなるとは限りません。炎症が収まるのにはだいたい72時間程(アイシングも含め)必要になってきますが、日頃から痛みがありながらも手首を使う癖がある為、体が良くなろうとしても また使ってしまう事で手首の回復を、妨げている事もあります。

1番いい方法としては痛みの出ているところは使わない!完全に安静にしている! と日にちが経ってくると徐々に痛みの出ている場所は回復はしてくると思いますが 社会人で仕事をされていたり スポーツをされる方はなかなか痛みが取れるまで休める事は少なく痛いながらも使っていく事が多いと思います。

ですので、使った後のケアが大切になってきます。

 

 

 

 

 

================================

洛西中央整骨院の施術は”ここ”が違う

================================

関節の炎症が強い場合では 指での施術だけではなく、超音波治療と呼ばれる特殊な音波を使って指では届かない奥深くの部分に対して細かい振動を与えケアしたり靭帯や軟部組織と言われる部分の修復を促したり してくれる機器を用い、なるべく 早期に痛みを良くしていくサポートをしています。

(超音波はあらゆる部位に適応可能です)

また、遠くてなかなか続けて来院ができなかったり 営業時間内に来れない方はお家でのセルフケア方法等もご紹介していますので 家と治療院と両方からケアすると 回復しやすくなってくれるので 積極的に行われることをオススメします。

痛みなどで困ってる方 どうゆうケアを、していいかわからない!とゆう方は当院までお気軽にご相談下さい!

 

 

 

>>手首、腱鞘炎でお困りの方はこちらをクリック♪